JGS-Tohokuロゴ 公益社団法人 地盤工学会東北支部 アクセスカウンタ (since 2000/09/10)
  トップページ   行事・活動紹介   行事日程   行事・活動   地盤工学フォーラム   地盤工学講座   地盤工学セミナー
(旧称: 若手セミナー)
  講習会・講演会・見学会   学術活動   委員会活動   調査・研究・出版物   支部表彰   授賞業績紹介   募集要項   社会貢献   技術協力・連携   出張講義のご案内   組織   沿革・規程等   組織・役員・委員   東北支部 賛助団体会員 芳名録   地盤工学会 特別会員(東北支部分)   地盤工学会 本部・各支部へのリンク   入会のご案内   入会案内はこちら
(地盤工学会本部サイト (外部リンク)
  東北支部 賛助団体会員のご案内   バナー

Copyright © 2017 公益社団法人地盤工学会東北支部/Tohoku Branch of the Japanese Geotechnical Society. All Rights Reserved.

トップページ > 行事・活動 - 地盤工学講座 > 2017年度(平成29年度)地盤工学講座

地盤工学会東北支部

2017年度(平成29年度)地盤工学講座のご案内

掲載日: 2017年6月12日(月)
最終更新日: 2017年11月22日(水)

  • 【2017/11/22掲載】
    平成29年度 第5回地盤工学講座(最終回)および懇親会のご案内
    • 12月9日(土)に開催する第5回講座の時間を変更します:
      13:00〜17:00 → 14:00〜17:00
    • 講座終了後,17:30から懇親会を開催します。
      • 場所: 海鮮居酒家 和み家 分店 (外部リンク) (多賀城市東田中2丁目5-28)
      • 会費: 一般 4,000円 / 学生 1,000円
      • 定員: 45名
      • ※ 先着にて受け付けます。11月末を目処にお申し込み下さい。なお,人数超過の場合には,参加できませんのでご了承ください。お申込みは地盤工学会東北支部事務局までメール(下記参照)にてお願いいたします。

地盤力学は,建設工学において必要とされる力学の中で,最も解かりにくく,かつ経験を必要とするものです。 現場においては,地盤関係の問題・事故が最も頻繁に発生しています。 本講座は,大学教員及び現場経験を有する技術者の講演と共に,地盤災害の各種事項を学習することで,地盤工学の基礎と応用を充実させることを目的として開催するものです。

今回は,「地盤に関する諸問題と研究課題」をテーマとし,東北地方の地盤の特性や土木技術者としての経験,また最近の研究課題まで,幅広く学びたいと思います。

各講座は,実務的な講座と基礎理論的な講座を組み合わせたり,参加者と講師の方々とで気軽に質問や相談を行えるようにいたします。

堅苦しい講座ではありません。常日頃疑問に感じていること,工事・設計などで困った経験など,参加者からの発言・問題提起も随時受け付け,参加者全員で知恵を出し合うことも目的の一つです。 この講座を利用して,自分なりの確実な地盤工学の基礎を創造されると共に,人的ネットワークを構築されることを希望します。 会場は,東北学院大学工学部のご協力により下記の会場を利用いたします。


開催要項のPDF版はこちら [PDF]
(2017/07/07版)

この行事は地盤工学会継続教育制度(G-CPD)対象行事になっております。

CPD単位: 計 15.0 単位 (講座1回あたり3.0単位 × 全5回)

G-CPDロゴ 地盤工学会継続教育制度(G-CPDシステム)の詳細はこちらをご覧下さい。

http://www.jiban.or.jp/gcpd/G-CPD.html (外部リンク)


主催: 公益社団法人 地盤工学会東北支部
共催: 東北学院大学 工学部
会場: 東北学院大学 (多賀城キャンパス) 工学部5号館 2階 521教室
多賀城市中央一丁目13-1 (TEL: 022-368-1115)
日程: 平成29年度は7月より12月までの月に1回,土曜日に計5回開催いたします。 開催時間は午後1時からで,3〜4時間程度の予定ですが,回ごとに多少異なります。 下記の予定表をご参照ください。
参加費:
  • 第1回〜第5回連続参加の場合(全5回分の参加費):
    • 会員: 10,000円
    • 非会員: 12,000円
    • 学生: 5,000円
  • 1回ごとの参加申込みの場合(1回分の参加費):
    • 会員: 2,500円/回
    • 非会員: 3,000円/回
    • 学生: 1,500円/回
※ 上記の「会員」には,地盤工学会の正会員(個人),特別会員(法人・団体)(外部リンク)の所属者,国際会員(個人・法人・団体),および東北支部賛助団体会員(寄付協力者)に所属する個人を含みます。
地盤工学会への入会申込み,地盤工学会東北支部への寄付のお申し込み・お問い合わせにつきましては,こちらをご覧下さい。
参考情報: 地盤工学会への入会案内 (外部リンク)(地盤工学会本部ホームページ)
地盤工学会東北支部 賛助団体会員(寄付協力者)芳名録
申込方法: 参加申込書に必要事項をご記入の上,E-mail添付またはFAXにて下記申込先にお申し込み下さい。
参加申込書(様式): Adobe PDF形式 [PDF]MS-Word形式 [MS-Word]
  • 第1回〜第5回連続参加の場合は,2017年7月7日(金)までにお申し込み下さい。
  • 1回ごとの参加申込みにつきましては,7月7日(金)以降も随時受け付けております。
参加申込みを受け付けましたら,メールまたは電話にて受付完了の確認連絡を差し上げます。 数日経っても連絡がない場合は,何らかの理由により受付未完了となっていることが考えられますので,お問い合わせ下さい。
参加費の
支払方法:
参加申込みを受け付け後,請求書を送付いたしますので,銀行振込による支払いをお願いいたします。 振込先の口座名義・口座番号等は請求書に記載します。
申込み・問合せ先: 公益社団法人 地盤工学会東北支部 事務局
〒980-0014 仙台市青葉区本町2-5-1 オーク仙台ビル3F
電話: 022-711-6033 / FAX: 022-263-8363
E-mail: jgsb-appli@tohokushibu.jp (参加申込み用アドレス)
E-mail: jgsb-th@tohokushibu.jp (お問合せ用アドレス)
その他:
  • 参加の際には,ノーネクタイでお出掛け下さい。できる限り自由な雰囲気の会合にしたいと考えています。
  • 講座内容によっては計算問題演習を行うかも知れません。筆記用具・計算機をご持参下さい。

2017年度(平成29年度)地盤工学講座 予定表
  • 下表に示した講義タイトルや講師は現在調整中のため,変更の可能性がございます。あらかじめご了承下さい。
  • 講座は70〜80分の講義と,その後のディスカッションを20〜30分程度で予定しております。 また,質疑応答の時間も設けてあり,参加者からの問題提起があれば,随時答えるようにします。
  • 第5回(12月9日)の終了後,意見交換会(食事含む。会費別途)を予定しています。詳細が決まりましたら,本ホームページにてお知らせいたします。

共通テーマ: “地盤に関する諸問題と研究課題”

開催日 テーマ・講座内容 会場・時間
第1回 2017年7月29日(土)
  • 地盤工学的問題の例:その1
  • シールドトンネル掘削時の液状化!?
    山口 晶 (東北学院大学)
  • 土壌汚染の基礎知識
    門間 聖子 (応用地質株式会社)
東北学院大学
13:00〜16:30
第2回 2017年9月30日(土)
  • 地盤工学的問題の例:その2
  • 圧密について
    権 永哲 (東北工業大学)
  • 地すべり調査・解析事例(成功と失敗)
    久野 高明 (基礎地盤コンサルタンツ株式会社)
東北学院大学
13:00〜16:30
第3回 2017年10月28日(土)
  • さまざまな視点から見た地盤工学
  • 建設業界における女性活躍の現状
    工藤 幸江 (株式会社竹中土木)
    阿部 友美 (株式会社奥村組)
    佐々 恵美子 (岩田地崎建設株式会社)
  • 地と建築:建築史雑話
    崎山 俊雄 (東北学院大学)
東北学院大学
13:00〜16:30
第4回 2017年11月18日(土)
  • 土に着目した地盤工学
  • 特殊土について−その1−
    荻野 俊寛 (秋田大学)
  • 特殊土について−その2−
    高坂 敏明 (株式会社ダイヤコンサルタント)
東北学院大学
13:00〜16:30
第5回 2017年12月9日(土)
  • 調査と設計のための地盤工学
  • 孔内載荷試験
    比留間 誠之 (応用計測サービス株式会社)
  • 地盤工学の設計手法の成り立ちとその適用限界
    飛田 善雄 (東北学院大学)
東北学院大学
13:00〜17:00
↓ 変更
14:00〜17:00


地盤工学講座のトップページへ


地盤工学会東北支部トップページに戻る