JGS-Tohokuロゴ 公益社団法人 地盤工学会東北支部 アクセスカウンタ (since 2000/09/10)

  トップページ   行事・活動紹介   行事日程   行事・活動   地盤工学フォーラム   地盤工学講座   地盤工学セミナー
(旧称: 若手セミナー)
  講習会・講演会・見学会   学術活動   委員会活動   調査・研究・出版物   支部表彰   授賞業績紹介   募集要項   社会貢献   技術協力・連携   出張講義のご案内   組織   沿革・規程等   組織・役員・委員   東北支部 賛助団体会員 芳名録   地盤工学会 特別会員(東北支部分)   地盤工学会 本部・各支部へのリンク   入会のご案内   入会案内はこちら
(地盤工学会本部サイト (外部リンク)
  東北支部 賛助団体会員のご案内   バナー

Copyright © 2017 公益社団法人地盤工学会東北支部/Tohoku Branch of the Japanese Geotechnical Society. All Rights Reserved.

地盤工学会東北支部

第27回 地盤工学セミナー 開催のお知らせ

掲載日:2015年5月11日(月)
最終更新日:2015年6月9日(火)

  • 集合・受付場所の変更のお知らせ 【2015/06/09掲載】
    1日目の現場見学会の集合・受付場所等が変更となりました.お間違えがないよう,ご注意願います.詳しくは下記の開催要項をご覧下さい.

目的と概要:
 地盤工学会東北支部は今年で60周年を迎えることができました. この間,多くの会員の皆様に支えられてきました. 日ごろのご支援,誠にありがとうございます. また,地盤工学セミナーも平成元年にスタートし,今年で27回目となりました. 本セミナーが,技術力向上や人的交流の一助となったならば幸いと考えます.
 本セミナーは,地盤工学に関連する技術者が,大学,官公庁,建設業,コンサルタントを問わず,一同に会して,自由な雰囲気のなかで語り合い,自分自身の成長とともに幅広い友人を得ること,そして,より高度な技術の修得を目的として毎年実施しています.
 今回は山形県南陽市を会場に,軟弱地盤,地すべり,女性技術者などをキーワードとして,下記の題材を元にセミナーを開催したいと思います. 多くの皆様のご参加をお待ちしております.
※ 地盤工学セミナーの趣旨,過去に開催された地盤工学セミナー(旧称:若手セミナー)の開催報告については,「地盤工学セミナーのトップページ」をご覧下さい.

セミナー内容
1日目 (現場見学会): 2015年6月12日(金)
  • 現場見学会:
    • 東北中央自動車道 赤湯工事
      〜 長尺鋼管杭工法,真空圧密工法,中層混合処理工法 (工事内容により変更の可能性もあります)〜
  • 討論会および意見交換会:
    • 技術的な意見交換など活発な討論をしていただくとともに,技術者間の交流を深めるために開催します.
2日目 (討論会): 2015年6月13日(土)
  • 話題提供:
    • (仮)超軟弱地盤上に建設する高速道路の試験施工結果概要
        講師: 株式会社ネクスコ・エンジニアリング東北 保全技術部 係長  澤野 幸輝
    • (仮)山形県内の地すべり対策の事例紹介
        講師: 応用地質株式会社 東北支社 ジオテクニカルセンター 専任職  大竹 繁之
    • (仮)女性技術者から見た「地盤工学」について
        話題提供者: 奥山ボーリング株式会社 調査設計部  西川 優美

G-CPDポイント数(予定): 1日目 4.0, 2日目 3.0

   (実施時間により多少変更の可能性があります.)
G-CPDロゴ 地盤工学会継続教育制度(G-CPDシステム)の詳細はこちらをご覧下さい.
http://www.jiban.or.jp/gcpd/G-CPD.html

開催要項
日時: 2015年6月12日(金)〜6月13日(土)
現場見学会: 東北中央自動車道 赤湯工事
長尺鋼管杭工法,真空圧密工法,中層混合処理工法 (工事内容により変更の可能性もあります)
集合・受付場所: 東北中央自動車道プレゼンルーム
変更後 → 山形県南陽市 赤湯温泉 『丹泉ホテル』 駐車場 (場所は下記の地図をご参照下さい.)
宿泊・討論会会場: 山形県南陽市 赤湯温泉 『丹泉ホテル』
  〒999-2211 山形県南陽市赤湯988 (下記の地図をご参照下さい)
  TEL: 0238-43-3030(代) / FAX: 0238-43-3132
  ホームページ: http://www.tansen.co.jp/ (外部リンク)
スケジュール(予定):
【1日目】 6月12日(金)
13:30〜14:00集合・受付 (受付は現場見学会の集合場所で行います. 変更後 → 赤湯温泉 『丹泉ホテル』 駐車場
乗り合いにて現場事務所へ移動
14:30〜15:00路線概要・工事概要の説明 (大林組現場事務所: 場所は下記の地図をご参照下さい.)
15:00〜17:00現場見学会 (東北中央自動車道現場)
宿泊場所へ移動
18:00〜20:30討論会および意見交換会
【2日目】 6月13日(土)
9:00〜12:15討論会・話題提供
12:15〜12:30反省会
※ 日常の業務で悩んでいることや疑問に感じていることなどがあれば,申し込み時に簡単に内容を添えて下さい.可能な限り議題に取り上げたいと思います.
参加費: 参加費には宿泊費を含みます.
  • 会員: 16,000円 (会員には地盤工学会の個人会員,特別会員(法人・団体)所属者,および地盤工学会東北支部の賛助団体(寄付協力者)所属者を含みます.)
  • 学生・女性・平成27年度新社会人: 10,000円
  • 非会員: 18,000円
※ 本セミナーは,講演会,討論会,意見交換会を通して自由な雰囲気の中で技術議論,情報交換をすることを目的としております.原則宿泊でのお申し込みをお願いします.
地盤工学会への入会申込み,地盤工学会東北支部への寄付のお申し込み・お問い合わせにつきましては,こちらをご覧下さい.
参考情報: 地盤工学会への入会案内 (地盤工学会本部ホームページ)
地盤工学会東北支部 寄付協力者芳名録
準備品: 長靴,ヘルメット,安全チョッキ,筆記用具 (雨天時は雨具を持参ください)
定員: 60名
申込期限: 2015年5月29日(金) (注: 定員になり次第締め切らせて頂きます.)
申込方法: 参加申込書(Adobe PDF形式MS-Word形式)にご記入の上,FAXまたはE-mail添付で下記申込先までお申込みください. あるいは,必要事項(1. 氏名,2. 性別,3. 勤務先・住所・TEL・FAX・担当者メールアドレス,4. 見学会・討論会・意見交換会の出欠,5. 宿泊の有無,6. 送迎の要否,7. 担当業務・経験年数,8. 参加費振込予定日)を全て記入したE-mailでのお申込みも受け付けます.
参加費の
お支払い方法:
参加申込みを受付け後,事務局から請求書をお届けします. 参加費のお支払いについては,請求書に記載の方法に従って下さい.
申込み・問合せ先: 公益社団法人 地盤工学会東北支部 事務局
  〒980-0014 仙台市青葉区本町2-5-1 オーク仙台ビル3階
  電話: 022-711-6033
  FAX: 022-263-8363
  E-mail: jgsb-th@tohokushibu.jp

1日目「現場見学会」の連絡事項

    【注意事項とお願い】
  • 1日目の受付は,13:30〜14:00に現場見学会の集合場所で行います. → 集合・受付場所が赤湯温泉 『丹泉ホテル』 駐車場に変更となりましたので,ご注意願います.
  • ホテル駐車場入口がやや狭いです.お気をつけてお願いします.
  • 現場見学は2班に分かれて行います.班は当日受付でお知らせします.
  • 現場見学会前に路線概要・工事概要の説明を大林組現場事務所で行います.
  • 現場には必要最小限の車両で向います.ホテル駐車場で乗り合いにご協力ください.
  • 現場はダンプトラックが往来しております.施工中の現場であることに十分気をつけて行動ください.
  • 長靴,ヘルメット,安全チョッキ,筆記用具(雨天時は雨具を持参ください)をご準備ください.
  • 当日の緊急連絡先(幹事:市川・柿沼の携帯電話)は,参加者の皆様に別途お知らせします.

現場見学会の集合・受付場所と工事概要説明会場
(クリックするとjpeg拡大表示します)



地盤工学会東北支部 地盤工学セミナー幹事
幹事代表 市川 健 (復建技術コンサルタント)
幹事 安保一宏 (川崎地質)
幹事 安藤滋郎 (不動テトラ)
幹事 柿沼秀幸 (岡三リビック)
幹事 谷口雄太 (ダイヤコンサルタント)
幹事 三明崇史 (応用地質)
幹事 山口 晶 (東北学院大学)


地盤工学セミナーのトップページへ


地盤工学会東北支部トップページに戻る